ショールームの照明デザイン

今週、南品川に私が照明設計をした店舗がオープンします。

商品は和洋食器や生活雑貨などで、ショールームも兼用しています。

AITO

                               [竣工時 撮影:山崎洋一]

 

およそ1年前にプロジェクトはスタートしました。

この空間をどのようなコンセプトとイメージで創るのかを

クリエィティブディレクター、グラフィックデザイナー、

一級建築士、照明デザイナーという組み合わせのチームで進めてきました。

商業施設ではよくこういう「混成」による設計が行われますが、

竣工に至るまでには、かなりの辛抱強さと明快な協調性が必要となります。

 

皆それぞれの専門分野を担当しながらも、

やはり多少の意見のぶつかり合いや、くい違いなどは出てきます。

チーム内だけではなく、それがお施主さんとの間であったりもします。

あーだこーだと荒い鼻息だったり溜息だったり、

しかし いかにこの空間を良いものにしていくか という共通の意識はありますから

そういうことは、別の新しいアイデアやデザインが生まれてくる「素(もと)」にも

なってくるのです。

AITO

                               [竣工時 撮影:山崎洋一]

時間をかければ良いというものでもありませんが、

それでも新しいものを造りあげるには、それなりの手間と労力がかかります。

最後はばたばたとスケジュールに追われた施工となりながらも

当初からのコンセプトのイメージを生かした空間ができたのではないかと思っています。

[コヤマケンタロウ]

最近のブログ記事

松前のお城
北海道の最南端の町「北の小京都」とも呼ば…
Good LED,Bad LED 節電と照明デザイン3
先日「Good LED,Bad LED」…
そしてみんなLEDになった 節電と照明デザイン2
もう今さらLEDの光源が使われていたと…