LEDと照明デザイン

日本の路地のあかりが、さらにまぶしく白すぎる光になりつつあります。

LED街路灯

人の息吹きや生活感、

そういうものの演出装置としても街路灯はあるものだと考えます。

何も公園や遊園地にする必要はありませんが、

機能一辺倒でつまらないものにする必要もありません。

LED街路灯

夕方になると、この"新しい照明"は、

ぎらぎらのグレアと真っ白な光で目にきつく感じられます。

 

街路灯は、明るければ省エネであれば、ただそれで良いわけではありません。

同時に明かりの質もたたずまいも、

しっかりとした街の脇役としてありたいものです。

LED足もと明かり

      デザインしたLEDの足もと照明(松前町)

 

 [ コヤマケンタロウ ]

最近のブログ記事

あいするくらし展
「あいするくらし展」ー木と土と光と風と・…
LEDと照明デザイン
日本の路地のあかりが、さらにまぶしく白す…
松前のお城
北海道の最南端の町「北の小京都」とも呼ば…